TOP > ベビマcolumn > ベビーマッサージについて > ベビーマッサージの必要性

ベビーマッサージの必要性

ベビーマッサージの必要性

赤ちゃんが生まれたらよく耳にする言葉の一つに「ベビーマッサージ」があります。

これは文字通り、赤ちゃんをマッサージするというものなのですが、ベビーマッサージをすることにはいろいろな意味や目的があります。

赤ちゃんの発育の促進

まず一つ目は、赤ちゃんの発育の促進です。

生まれたばかりの赤ちゃんは、五感の全てが脳にとって良い刺激となります。
マッサージをすることによって、赤ちゃんの皮膚を刺激して脳にも良い影響を与えることができて、自分一人でまだハイハイをして動くことができない赤ちゃんにとっては、筋肉が刺激されるのでエクササイズにもなるのです。

スキンシップも大切な役割

スキンシップも大切な役割

また、お母さんとのスキンシップも大切な役割を持っています。
ベビーマッサージをすることは、大好きなお母さんが赤ちゃんをマッサージすることですから、赤ちゃんにとってはこの上ない安心感につながります。

安心感は情緒の安定した人間へと成長するために必要不可欠な要素で、ベビーマッサージをすることによって赤ちゃんの不安を取り除いて安心感を大きくし、ハッピーな赤ちゃんへと育てることができます。

マッサージの必要性はまだあります。
それは、お母さんが赤ちゃんをマッサージしながら、体や皮膚に異常がないかどうかを触診できるということです。

ベッドにあおむけになっている赤ちゃんを見ただけでは分からないこともあるかもしれません。
しかし、マッサージをすることによって手足や体に触れることができますから、赤くなっていたりすればすぐに気づいて手当することができますし、虫刺されなども早期発見することができます。

優しくマッサージ

優しくマッサージ

ベビーマッサージをする際には、大人のようにゴシゴシこすってしまうと、赤ちゃんの繊細な肌にとっては大きな負担となってしまいますから、優しくマッサージしてあげましょう。
素肌のままマッサージするよりは、ベビーオイルなどを使って摩擦による刺激を緩和してあげることも効果的です。

ベビーオイルは、赤ちゃんの肌にとって刺激になるような添加物が一切入っていないので、皮膚が繊細な赤ちゃんでも安心して使えます。
また、ベタベタせずに肌にスッと浸透するので、保湿効果も期待できます。

赤ちゃんの肌は刺激や摩擦などにとても弱く、紫外線などに当たるとすぐに乾燥しやすいものです。
そのため、肌がカサつきやすい赤ちゃんの場合には、お風呂上りにベビーオイルを塗ってベビーマッサージをしてあげると、肌の保湿も兼ねることができるのでおすすめです。

ベビーマッサージの全国検索サイト!教室や方法&資格までベビマ情報が満載です!

利用規約サイトマップ
Copy right(c) 2009-2017 ベビーマッサージNAVI All Rights Reserved.
このサイトをブックマークする