TOP > ベビマcolumn > ベビーマッサージについて > ベビーマッサージの基礎知識

ベビーマッサージの基礎知識

赤ちゃんとママの絆をより深く結ぶベビーマッサージ
ママの手によって直接マッサージすることで、赤ちゃんの五感を刺激し、精神的にも肉体的にも健やかな成長を促す作用があると今では多くのママが体験しています。

実際のベビーマッサージの基礎知識についてまとめてみました。

ベビーマッサージ歴史

ベビーマッサージの基礎知識

ベビーマッサージは、1975年にイギリスの医学療法士、ピーターウォーカーによって考案された施術法です。
イギリスはベビーケアに関しての知識や技術などが世界でもトップレベルであり、まさにそれを証明するのがベビーマッサージです。

マッサージをすることで、親子のスキンシップを図るだけでなく、赤ちゃんの身体機能の向上や、母親の育児ストレスの軽減などにつながると、世界20カ国以上で広まっています。

日本においては、2003年にピーターウォーカー指導のもと、ベビーマッサージ協会が発足されました。
現在1200名以上の公認インストラクターの教育活動がおこなわれ、ベビーマッサージの普及活動がおこなわれています。

ベビーマッサージの具体的メリット

【赤ちゃんのメリット】
・マッサージにより、血行やリンパ液が促進され、免疫・内臓・代謝・運動機能などが高まるため、病気になりにくい。
・五感が刺激されるため脳の発達が促される。
・赤ちゃんがリラックスをすることで夜泣きの改善につながる。
・身体機能がアップするため首も早くすわる。

【ママのメリット】
・赤ちゃんに触れることで自らの血行促進にもつながり育児疲労の軽減につながる。
・母性本能が分泌されやすくなり、母親としての自覚や自信につながる。
・赤ちゃんの体調の変化にすぐに気づけるようになる。

ベビーマッサージは自宅でもできる?

マッサージを始める時期はママによって異なります。
生まれてすぐ(生後1カ月未満)に始める方もいれば、1歳を過ぎてから始める方もいます。

とはいえ生まれたばかりの赤ちゃんは、抵抗力も弱くオイルが合わなかったり、親自身が赤ちゃんに慣れていなかったりするため、生まれてから一段落つく生後2〜3カ月頃に始める方が多いようです。

ベビーマッサージはいつ始めても良いので、赤ちゃんやご自身の体調などを考えて無理のないスケジュールで始めると良いですね。

ベビーマッサージは専門知識を持っているインストラクターに教わりながらおこなうのがベストです。
もちろん、自宅でもDVDなどを見ながらできますが、どうしても自己流になりがちですし、何かあった時に1人では慌ててしまいがちです。

専門の教室などでおこなえばママ友なども増えますし、育児のストレス発散にもつながります。

ベビーマッサージの全国検索サイト!教室や方法&資格までベビマ情報が満載です!

利用規約サイトマップ
Copy right(c) 2009-2017 ベビーマッサージNAVI All Rights Reserved.
このサイトをブックマークする