TOP > ベビマcolumn > 資格・協会 > ベビーマッサージセラピストとは

ベビーマッサージセラピストとは

「ベビーマッサージセラピスト」まだまだ聞きなれない言葉ではないかと思います。
ベビーマッサージセラピストとは、ベビーマッサージインストラクターと同様、各団体の定める資格認定のひとつになります。

ベビーマッサージについての知識を有し、歴史などを学び、また手技やベビーマッサージの方法について人に教えることが出来る方を総称して、ベビーマッサージセラピストと呼びます。

職業としてベビーマッサージを検討されている方は多く、産休→退職→講習の受講→ベビーマッサージセラピストという転進をされる方もおおくいらっしゃいます。

細かい規定はありますが、基本的には誰でも資格を取得する条件は満たしております。
一般的には主婦の方が圧倒的に多い職業であります。

資格の有用性

ベビーマッサージセラピストとは

資格取得していると、出来ることの幅が大きく広がってきます。

ベビーマッサージセラピストとして、自宅でのマッサージ教室の開講や、産院などでの先生など、団体のバックアップを得て活躍の場を広げていく事が可能です。

最近は公的施設である、児童館や福祉施設などでも団体で教室を開催されています。
ベビーマッサージの認知度自体は年々向上しておりますので、活躍の場というのは今後も広がっていくものだと思われます。

ベビーマッサージは赤ちゃんのためにも有用ですし、母親同士のコミュニティー内でもそのスキルは色々な方に頼られるところとなるでしょう。

ベビーマッサージセラピストなどの資格は、ベビーマッサージについて深く勉強した、という証明でもあります。
子育ての中にも生きてくるスキルとなりますので、興味のある方はこの機会に資格取得できる講座に参加してみてはいかがでしょうか?

講座の費用と内容

大抵の場合、決められた授業数をこなし、知識・スキルを身につけた後、資格試験をパスすることが資格取得の条件となってきます。
講習・試験まで入れると20万くらいの費用が必要になるケースが多く、本気でない方にはなかなか敷居が高いかもしれません。

お子様を連れての参加

ただ受講するスタイルはそれほど厳しいものではなく、一般的にはお子様を連れての参加というのも幅広く許容されています。

産後の空いた時間に子供を連れて受講し、資格取得する事が出来ますので、ママに人気の高り理由の一つとなります。

内容については、ベビーマッサージに関わる分野はすべて学習要綱に含まれてきます。

通常は、試験をクリアしてベビーマッサージセラピストとしての活動が可能となりますので、ただ受講するだけではなく、前向きにしっかりと知識を習得し、実践につなげることのできることが必要になります。

子育てに自信を持てない、という方などには、資格取得は大きな自信の源となるでしょう。

そういいった子育ての悩み解消にも講座受講は効果を発揮してくれます。

また、手に職をといった希望のある主婦の方にも、赤ちゃんとの触れ合いを経験しているのであれば尚更入りやすい資格です。

ベビーマッサージの全国検索サイト!教室や方法&資格までベビマ情報が満載です!

利用規約サイトマップ
Copy right(c) 2009-2017 ベビーマッサージNAVI All Rights Reserved.
このサイトをブックマークする