TOP > ベビマcolumn > その他トピックス > ベビースキンケアとは?

ベビースキンケアとは?

赤ちゃんの肌って、プルプルでもちもちですべすべで、「大人の憧れの肌!」っていう代名詞に使われがち。
実際、生まれたての素肌は純粋無垢で、とっても綺麗ですよね。

でも、実は赤ちゃんの肌がいちばんデリケートで、荒れやすいってご存知ですか?
刺激に弱く、うるおいだって逃げやすい。
きちんとスキンケアしてあげないと、乾燥肌になったり、今後の肌の体質が左右されるなんてこともあるんです。

近年のベビーマッサージ教室では、この赤ちゃんのスキンケアについても積極的に講習を実施しています。

ベビーだけではなく、ママの方も産前産後はお肌がデリケートな時期です。
スキンケアについての知識を深めることで、ママ自身にもプラスの効果があります!

ベビーマッサージ教室のついでに、スキンケアという知識の習得もオススメです!

とってもデリケートな赤ちゃんの肌

とってもデリケートな赤ちゃんの肌

赤ちゃんの肌はとっても薄い。
ベビーマッサージでも大切ですが、薄くてデリケートなため、扱いには十分な注意が必要です。

厚さが大人の半分しかないため、皮膚の中から水分が逃げだすのを防ぐ機能も、外部の刺激から守る機能も未発達です。

放っておくと、簡単に潤いも失われ、簡単な刺激でかぶれてしまいます。
きちんとスキンケアして、油分や水分を補ってあげることがとても大切なのです。

ベビーマッサージでは、オイルを使用してタッチケアをします。
基本的に毎日繰り返すことで、ベビーマッサージの意義はありますので、オイルを使用したマッサージはこの油分を補うといった点にもサポートになるのです。

赤ちゃんスキンケアの基本

赤ちゃんスキンケアの基本

実際にどのようにスキンケアをしてあげればよいのでしょう。

基本は、キレイに洗って、しっかりと保湿すること。
一般的な「よごれ」でなくても、自分の汗やよだれだって、赤ちゃんの肌が荒れる原因になります。
特に夏場は、汗をよくかくので、ちゃんと見ていてあげましょう。

汗やよだれは絞ったタオルなどでやさしく拭いてあげること。
せっけんなどの洗浄剤を使うのは、一日一度までで大丈夫です。
洗浄剤を使いすぎるとかえって肌が荒れる原因にもなるので、本当にデリケートなのです。

また、たとえ軽く拭いていても、拭かれるたびに肌のうるおいは奪われてしまいます。
保湿はそのつど小まめにやってあげましょう。
赤ちゃん自身に合うクリームや乳液、あるいはベビーマッサージで使用しているオイルなどを使用して保湿するのが一般的です。

全体的に覚えておきたいのは、よごれたら、すぐ拭いてあげて、清潔を保つことが一番。
そして、キレイにしてあげたら、すぐ保湿を行う、と覚えましょう。

赤ちゃんのスキンケアは、とても大切で初めての出産では心配になることも多くあるでしょう。
乾燥肌や肌荒れなどは深刻な場合は、やはり病院で診てもらうのが一番です。

日々の保湿やケアといった部分は、多くの赤ちゃんを見てきたベビーマッサージ講師もたくさんの知識を持っていることが多くあります。

経験に基づいたアドバイスや情報になりますが、参考にしてみるのもよいでしょう。
ベビーマッサージ教室はあらゆる育児の相談窓口にもなっていることが多々あります。

ベビーマッサージの全国検索サイト!教室や方法&資格までベビマ情報が満載です!

利用規約サイトマップ
Copy right(c) 2009-2017 ベビーマッサージNAVI All Rights Reserved.
このサイトをブックマークする