出産一時金

ベビーマッサージにご興味のある方は、出産を控えた方もたくさんいらっしゃいます。
マタニティ期にベビーマッサージを習得される方もおられます。

今回は出産一時金についてまとめました。

まず、妊娠は病気ではないため保険が適用されません。
このため出産のための検診や分娩、入院などを合わせるとかなりの出費になります。

分娩先の産婦人科や医療機関にもよりますが、一般的に出産にかかる費用は50万円程度と高額です。
この金額に負担を感じ、出産を諦めてしまう家族も少なくなく、少子化対策の一環で行政が立ち上げたのが出産一時金手当です。

具体的な支給額は、出産1人につき42万円です。
双子の場合にはその2倍、三つ子の場合にはその3倍の金額になります。

ですから、出産一時金をキチンと申請すれば出産までの費用はある程度賄えるようになります。

出産一時金を受け取る条件

出産一時金を受け取る条件

一時金の受給条件は2つです。
一つは国民健康保険もしくは健康保険に加入していること。

そしてもう一つは、妊娠4カ月(85日)以上で出産していることです。

以上の2つを満たしていれば、出産一時金を受け取れます。

ただし、妊婦の加入している保険や扶養状況などによって、申請方法が異なるので気を付けてください。
例えば、妊婦が専業主婦でご主人が会社員もしくは公務員の場合には、ご主人が加入している健康保険での手続きになりますが、妊婦が会社員などで扶養ではない場合には、妊婦の健康保険での申請になります。

出産一時金の受け取り方法

出産一時金には2つの受け取り方法があります。
一つは、入院出産費用をこちらで立て替えをして、産後に振り込みで受け取る方法、そしてもう一つは、病院から直接受け取る方法です。

病院で直接受け取る方法を、直接支払制度といい、現在はほとんどの方がこちらを利用しています。

一時金の申請の際に出産前に分娩する病院を決めておき、そこの病院での受け取りと希望すれば、出産後の退院会計の際には、出産一時金を超えた金額のみの自己負担額の支払いで済むのです。

万一、分娩費用総額が42万円に満たない場合には、差額分をうけとることができます。
この場合には、追加の必要書類に記入をして提出すれば、1〜2カ月後には振り込まれます。

妊娠中にいろいろな手続きをしておきましょう

出産一時金などの書類は記入内容も多く記入をするだけでも大変です。
このため、出産をしてからだと、毎日の育児に追われてしまい、申請ができなくなってしまいます。

こうならないためにも、妊娠中の余裕があるときに済ましておくと良いでしょう。

また、出産一時金などの書類申請に加え、産後のベビーマッサージなどを速やかに始められるように、あらかじめマタニティ教室などを探しておくことも大切です。

ベビーマッサージの全国検索サイト!教室や方法&資格までベビマ情報が満載です!

利用規約サイトマップ
Copy right(c) 2009-2017 ベビーマッサージNAVI All Rights Reserved.
このサイトをブックマークする