TOP > ベビマcolumn > 出産について > 助産師について

助産師について

助産師について

当サイトで紹介しているベビーマッサージ教室の講師には、様々な職の経験者がいらっしゃいます。
保育園、幼稚園、看護師さんなど、色々な場面で赤ちゃんと触れ合ってきた経験者の方が多くいらっしゃいます。

中には、助産師さんもいらっしゃるのです。
産婦人科に併設している不定期のベビーマッサージ教室もありますが、出産の時に活躍する職業の中に助産師とはどういった役割を担っているのでしょうか?

ここでは助産師の役割などについてお伝えしていきたいと思いますので、将来目指したいと考えている人は是非参考にしてください。

出産のプロとしてアドバイス

助産師さんはもちろん多くの出産のシーンを見て経験しています。
豊富な経験と知識から様々な点のアドバイスを出産時に提供することができるのです。

産前には、妊娠中の生活スタイルやマッサージのやり方などをアドバイスしたり、出産後の育児についてなど全般的に関わりますから、広い知識を身に着けている方が多いのが特徴です。

マタニティー向けのベビマメニューもありますので、産前に助産師を兼ねた教室へ参加するのも良いかもしれませんね。

助産師になるには国家資格が必要

助産師になるには国家資格が必要

出産時の分娩は医師と助産師のみに許されています。
その為、助産師になるには、出産のプロとして国家資格を取得しなければなりません。

助産師の国家試験は誰でもすぐに受験できるわけではなく、国家試験を受ける段階で看護師の資格を持っていることが条件になります。
ですから順番としては、看護専門学校や看護大学を卒業後に看護師資格を取得し、それから助産師を目指すことになります。

そして助産師の養成校へ入って必要な知識や技術を身に着けた後に国家試験を受験するという流れになり、通過したら病院や診療所などへ就職したり、独立することも可能となります。

助産師は女性だけがなれる職業

日本では現在助産師になれるのは女性のみであり、男性はなることができません。
当然国家試験の受験資格も男性にはありませんので、女性だけに許された国家資格になります。

最後に将来助産師として働きたいと考えるのであれば学んだ知識や技術だけに頼るのではなく、一人ひとりの性格や状態を的確に見極める柔軟性も養っておく必要があるのです。
そうすることで多くの妊婦さんから信頼を得ることができると言われています。

産前はもちろん産後にも大切な役割を果たしている助産師さん。
出産のみならず、育児という面でも大きなサポートをしてくれます。

ベビーマッサージと助産師さんも密接なかかわりを持っていますので是非チェックしてみてください!

ベビーマッサージの全国検索サイト!教室や方法&資格までベビマ情報が満載です!

利用規約サイトマップ
Copy right(c) 2009-2017 ベビーマッサージNAVI All Rights Reserved.
このサイトをブックマークする